毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
新型インフルエンザを、
特効薬と言われる"タミフル"から読み解く1



新型鳥インフルエンザのヒトへの感染が懸念される昨今。その度に、タミフル、
タミフルと錦の御旗のように奉っているが、この薬、本当に、新型に効くの?


【時間が許される方は】

以前に取り上げた記事を、次の順序で、
是非、読んで見て下さい。
       ↓
http://www.unlimit517.co.jp/medi64.htm
       ↓
http://www.unlimit517.co.jp/medi67.htm
       ↓
http://www.unlimit517.co.jp/ana31.htm


【"タミフル"とはどんな薬か?】

 「新型インフルエンザの大流行」「特効薬・タミフル」・・・

 最近、こういう言葉が、マスコミをにぎわしています。しかし、こういう記
事のほとんどは、不安を煽るばかりで、本当に、「タミフルの実態」や「新型
インフルエンザの本質」には、迫っていません。

 私は、こういう現状を憂い、敢えて、「タミフルを深く掘り下げる」ことに
よって、「新型インフルエンザの本質」に迫ろうと、思いました。あまり悲観
的にも、楽観的にもならず、きちんと事実を精査して行きたいと考えています。

 先ず・・・
───────────────────────────────────
■ タミフル Tamiful  (成分名 リン酸オセルタミビル)
───────────────────────────────────
 製造元 ロシュ社(スイス)

 販売元 中外製薬(日本)

     日本では、カプセルタイプ「タミフルカプセル75」
          ドライシロップタイプ「タミフルドライシロップ3%」
                          
                         が、販売されている。
───────────────────────────────────
■ 効能・効果
───────────────────────────────────
  A型、または、B型インフルエンザウィルス感染症、および、その治療
───────────────────────────────────
◆[なぜ、タミフルに、効能・効果があるのか?]
───────────────────────────────────
 インフルエンザウィルスは、直径80〜120ナノメートル(1ナノメート
 ルは1ミリの100万分の1)というとても微小なもので、ウィルス表面から
 HA(赤血球凝集素)、および、NA(ノイラミニダーゼ)というタンパク質が
 突き出ているため、とげのあるイガグリのような形をしている。

 内部タンパク質の種類によって・・・

  「A型(ヒトやブタなどの哺乳類、多くの鳥類)→自然界にも広く分布」

  「B型(ヒトやアザラシ)」「C型(ヒトとブタ)」に分けられます。

 更に・・・

 A型は、HAの亜型が15種類、NAの亜型が9種類、知られています。
 つまり、理論上は、15×9=135種類のウィルス型が可能です。
 このHAとNAの頭文字を取って、「H9N2型」などと呼ばれています。
 
 B型とC型には、亜型はありません。
───────────────────────────────────
★現在のところ、流行を繰り返しているのは・・・
───────────────────────────────────
  H1N1型(Aソ連型)H3N2(A香港型)および、B型
───────────────────────────────────
     C型は、今のところ、"大きな流行を起こさない"と言われている。
───────────────────────────────────
★「新型インフルエンザウィルス」は、なぜ出来るの?・・・
───────────────────────────────────
  インフルエンザウィルスは、毎年、少しずつ形を変えながら、感染を繰り
  返します。このようなウィルスの性質が、少しずれて起こる変異を「連続
  変異」といいます。

  これに対して、従来、流行していたウィルスとは、HAやNAの亜型が全
  然異なるウィルスが、突然現れることがあります。これを「不連続変異」
  といい、これによって現れたウィルス=「新型インフルエンザウィルス」
───────────────────────────────────
  世界保健機構(WHO)は、「新型インフルエンザウィルス」が大流行する
  までの過程を、"6段階"に、分けている。
───────────────────────────────────
    通常、鳥同士でしか感染しない"鳥インフルエンザ"が・・・
───────────────────────────────────
       1.カモなどの野鳥が、体内に保持する。
                ↓
        2.アヒルなどの家禽に、感染する。
                ↓
        3.ブタや一部の人間に感染する
         (WHOは"現状"をこれにしている)。
                ↓
    4.ブタの体内で、ヒトに、感染しやすい構造に変化する。
                ↓
           5.ヒトに、感染する。
               ↓
          6.大 流 行(パンデミック)
───────────────────────────────────
★なぜ、「中国南部」に、ヒトへの感染例が多いのか?・・・
───────────────────────────────────
  上記の2と3を見てみると、「アヒル」「ブタ」などがキーワードになっ
  ている。つまり、アヒルとブタが、一緒に飼われている所は、危険の確率
  が高いということ。これに当てはまるのが「中国南部」。

  その他の場所でも、この条件が揃っている所は、注意が必要である。
───────────────────────────────────
★今、盛んに「新型インフルエンザウィルス」と騒いでいるのは・・・
───────────────────────────────────
  高原性鳥インフルエンザ病の原因ウィルスの1つであり、
  強毒型で、感染力の強い「H5N1型」が、突然変異(不連続変異)し、
  ヒトにも、感染するようになるのではないか?…という恐れです。
───────────────────────────────────
[インフルエンザウィルスの増殖パターン]
───────────────────────────────────
 1.HA(赤血球凝集素)を使って、細胞膜表面に付着。
             ↓
 2.細胞内へ、ウィルスの遺伝子を送り込むことで、
   免疫細胞からの攻撃を回避する。
             ↓
 3.細胞内のアミノ酸を原料にして、
   ウィルス自身の遺伝子を展開して、細胞内で増殖する。
             ↓
 4.増殖した新生ウィルスは、次々と細胞膜に達し、
   HAで細胞膜表面に付着した状態になる。
             ↓
 5.増殖したウィルスは、NA(ノイラミニダーゼ)を使って、
   HAを細胞膜から切り離し、次々と拡散していく。
───────────────────────────────────
◆タミフルは・・・A型とB型の
───────────────────────────────────
 インフルエンザウィルスが、5の状態において「HAを切り離せない状態」
 にするため、ウィルスは、細胞膜表面から動けなくなる。この状態になると、
 免疫細胞が、ウィルスの情報を読み取るのもたやすく、かつ、まとめて攻撃
 出来るので、ウィルスの拡散を、効果的に防ぐことが可能である。

 簡単に言うと・・・『ノイラミダーゼ阻害剤』

 NA(ノイラミニダーゼ)の活性を阻害するために、逆の形をしたタンパク質
 で、NA(ノイラミニダーゼ)を塞ぐ ということです。
───────────────────────────────────
◆タミフルが"画期的な点"は・・・
───────────────────────────────────
 ウィルスを、直接攻撃するのではなく、本来、人間が持っている「免疫力」
 を効率良く、活用している点にあります。
───────────────────────────────────

 最後に、ココだけの話ですが・・・

 2004年、冬から流行しインフルエンザにおいて使用したワクチンは、
 ほとんど『ハズレ』でした。

 ワクチンの当たる確率は、"50%"にも、満たないのではないでしょうか。

 なぜなら・・・

 日本のインフルエンザワクチンのほとんど = 香港型シドニー株

 シドニー株は、古い型で、日本人のほとんどが"抗体"を持っています。

   日本や欧州で、徐々に流行しつつある = ソ連株

 しかし・・・

 現代のワクチン = シドニー株 と 北京株 の2つだけ。

 前出のように、日本人は「シドニー株」の抗体は、ほとんどのヒトが持って
 いますが、「北京株」の抗体を持っているヒトは、ほとんどいません。

 つまり・・・「北京株」ではない

 日本にあるインフルエンザワクチンの予防接種は、

          "ほとんど意味がない"という結論になってしまいます。


「今は、世界的なタミフルの備蓄が始まって、少し状況は変わったが、

   それまでは、世界で使われる量の何と"77%"が、日本だった・・・」


  *来週は、タミフルの"副作用"を中心に、読み解きたいと思います。
       http://www.unlimit517.co.jp/ana75.htm


    **怖がってばかりも・・・ http://tinyurl.com/bvnco


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.