毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
遅くなったが「副作用の全報告公開」。
日本医療は少し前進するのか?



 この瞬間にも、「薬の副作用」に苦しんでいる患者がいる。家族がいる。医
師は、薬に関して、安易な処方箋は、書いていないのか?製薬会社の義務は?


【医薬品の"副作用報告の現状"】

 現在、"薬事法"では・・・
───────────────────────────────────
 医薬品製造業者ら → 副作用の疑いがある病気や、障害の発生を知った時
                     ↓
              厚労省が監督する『医薬品医療機器総合機構』
              に、報告することを、義務付けている。

 重い副作用が発生し、注意喚起のために、「添付文書が改訂された場合」
                ↓
  厚労省が、月1回出す"医薬品・医療機器等安全性情報"に、概要を掲載
───────────────────────────────────

 1月31日から・・・

 上記の独立法人『医薬品医療機器総合機構』は、製薬会社から、「副作用報
告があった全ての症例」について、ホームページでの情報提供を開始した。

 これまで、同機構では、「添付文書にない新たな副作用報告」だけを、ホー
ムページ上で、公開していた。

 掲載内容は・・・
───────────────────────────────────
 ● 報告年度 ● 性別 ● 年齢 ● 転帰(死亡・回復など)

 ● 原疾患等(病名、治療方法、持病、喫煙の有無など)

 ● 被疑薬(副作用の疑われる薬)

 ● 有害事象(おそらく副作用によって、被った現象・症状)

 ● 併用被疑薬(併用していた薬で、副作用が疑われるもの)

 ● 経路(内用薬、外用薬、注射薬、歯科薬に、分けられている)
───────────────────────────────────
 ★ 検索条件設定
───────────────────────────────────
   1.検索したい「医薬品の一般名・販売名」

   2.検索したい「医薬品の経路」(上記の4つから選択)

   3.検索したい「副作用名」(有害事象名のこと)

   4.報告年度から検索(新しいものからと古いものからの2種類)
───────────────────────────────────
   * 以上、4つの方法の内、最低1つが分かれば、検索可能。
───────────────────────────────────

 今回、掲載されている情報は・・・

 2004年4月に報告があった
───────────────────────────────────
        732医薬品

       2,477症例
───────────────────────────────────
 この内・・・
───────────────────────────────────
      死亡例   63件
───────────────────────────────────
      *一番多かったのは、肺がん治療薬・イレッサ(一般名ゲフィチ
       ニブ)の12件などで、他にも、抗がん剤関係が多かった。
───────────────────────────────────

 今後、順次、情報を追加していくとのことである。

 更に・・・

 『患者向け医薬品ガイド』の掲載も、始めた。

 この趣旨は、患者やその家族に、「医療用医薬品の正しい理解」と「重大な
 副作用の早期発見」などに役立ててもらうというものだ。そのために、「服
 用時の注意事項」なども、分かりやすくまとめられている。

 先ず、最初として・・・

 「糖尿病薬」 10薬剤 54品目 を掲載。

 随時、「抗リウマチ薬」「ぜんそく治療薬」など、注意喚起が必要な医薬品
 について作成し、掲載する予定。

───────────────────────────────────
 是非、調べてみたい、興味を持ったという貴方へ
───────────────────────────────────
 ▽医薬品医療機器情報提供ホームページ
  http://www.info.pmda.go.jp/
───────────────────────────────────

 *このホームページを公開した当日の午後は、アクセスが殺到したそうだ。
  アクセスが1日平均約63万件(2004年度)を大きく上回り、機構側も
  予想外だったとのこと。

  現在(2/2)は、アクセスが、スムーズになっている。しかし、若干、検索
  する時のスピードが、遅いのが、気になる。


【少し"気になる"事項】

 製薬会社のホームページのほとんどがそうなのだが、「医師向けの情報」
「医療関係者向けの情報」「患者向けの情報」と、分かれていることだ。

 穿った見方をすると・・・

 もしかすると、患者にとって「本当に必要な情報」が、隠されているのでは
ないかという疑念すら、湧いてくる。おそらく、医療知識のレベルなどによっ
て、振り分けていると思うが、提供側(製薬会社など)が、区別すべきではない。

 一番、困っているのは・・・

 やはり「患者」であり、その「家族」である。一番、情報が必要なのも、助
かりたいのも、この人達なのだ。だから、少なくとも、この人達に、提供側が、
"情報の垣根"を、作ってはいけない。

 この人達には、出来るだけ「自由に医療情報を読める環境」に、して欲しい。
それが、「医師向けの情報」「医療関係者向けの情報」だとしてもだ。患者側
で、取捨選択し、分からないところや不明な部分を、専門家に、聞けば良い。

 正直に言って・・・

 必死な分だけ、「患者」や「家族」の方が、"情報制限されていない"担当の
医師より、使用されている薬剤の副作用などを含む情報を、より知っているケ
ースも、多いのである。

 何度も、このメルマガで書いてきたように、治療は、あくまでも、「患者と
医師の共同作業」である。それならば、「情報」も共有して、しかるべきなの
ではないか。それでこそ、患者も、"病気と闘う"ことが、出来るのである。

 医師の方も、以前よりは、レベルが上がったと思うが、未だに「決まり切っ
た薬剤」しか処方出来ない体たらくな不勉強人間も、多い。いつまでも、製薬
会社のMRに頼り切りでは、「薬に無知な医師」を量産してしまいます。

 クラブのお姉ちゃんの方向ではなく、真摯な態度で、日々、治療法や薬剤を
勉強し、「患者」の方向を、きちんと見つめるようにして下さい。その方向を
見ずして、"日本医療の発展"は、あり得ません。

 ところで・・・
───────────────────────────────────
以前、このメルマガで取り上げた以下の状況は、
少しでも、良い方向に、改善されているのか?
───────────────────────────────────
 ▽副作用を隠す
  http://www.unlimit517.co.jp/medi51.htm

 ▽副作用に無知な医者
  http://www.unlimit517.co.jp/medi112.htm

 ▽副作用とインフォームド・コンセント
  http://www.unlimit517.co.jp/medi116.htm
───────────────────────────────────


 「"情報開示"は、日本医療を推進するためにも、不可欠な事項である。

     情報は、提供する側が、区別すべきものではない。

      治療に関しての"情報選択権"は、あくまでも、"患者側"にある」

 
     **何か気になる・・・ http://tinyurl.com/8bxpf


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.