毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
鳥が、イルカが・・・
一体、我らが"地球"に何が起こっているのか?2



 現地では、2回目の死骸回収作業が行われた。雪が少し溶け、そこにはおび
ただしい数の鳥たちの亡骸が、再び、浮かび上がっているそうです。なんで…。

[先週3/9号の記事] → http://www.unlimit517.co.jp/ana88.htm

[今週3/12号の緊急レポ] → http://www.unlimit517.co.jp/medi181.htm


【油汚染鳥〜"ロシア側"の言い分】

 今回の「知床半島沿岸の海鳥大量死問題」に対する"ロシア側"の言い分を、
順不同で、取り上げて行きたいと思います。
───────────────────────────────────
1.ロシア非常事態省サハリン総局
───────────────────────────────────
  ●昨年、12月に、サハリン北東部ノグリキ付近で発生した「地下パイプ
   ライン原油漏出事故」が原因ではないかという、北海道からの問い合わ
   せに対して・・・

   事故は、昨年12月13日に発生。原油27トンが地上に漏れ出した。

  ●上記の質問に対する回答書には、オホーツク海に接し、当時は、凍結し
   ていたナビリ湾の氷上などから、原油25トンを回収。周辺から、汚染
   された雪氷を除去、天然資源利用監督庁が、12月27日までに、湾口
   付近を検査し、水中も確認した結果、

   「油の兆候は見られなかった」との事である。
───────────────────────────────────
2.ロシア天然資源省
───────────────────────────────────
  ●死因は調査中で確たる事は言えない。日本側の調査通りならば、「海難
   事故による油流出」が考えられる。

  ●サハリン北東部の大陸棚エネルギー開発では、大量の油漏れはなく、昨
   年11月のタンカー座礁事故でも、油漏れは報告されていない。

  ●可能性としては、「漁船が海上で給油する際にトラブルが発生」したと
   か、「(廃油や化学物質の)不法投棄」「感染症」などが考えられる。

  ●北海道のオホーツク海側沖で、死に、宗谷暖流(宗谷海峡からオホーツ
   ク海側沖を流れる)に乗って、知床や国後に流れてきた。この海域には、
   冬場に南下した海鳥が密集して、生息している。

   もし、サハリン東岸が、現場ならば、死骸は択捉島以北に流れるはず。

  ●今後の原因究明は、現在、サハリン州政府に対して、調査委員会の設置
   を求めている。委員会が、日本側と協力して、原因究明や対策に乗り出
   すことを期待している。
───────────────────────────────────
3.サハリンの環境保護団体「サハリン環境ウォッチ」
───────────────────────────────────
  ●昨年11月に、サハリン島中部東岸で起きた「タンカー座礁事故」で、
   数千トンの石油が流出したのが、原因ではないか。

  ●現在、この件に関して、独自の調査を行っている。そのためには、知床
   の死骸に付着した油と、サハリンで生産された石油の関連を調べる必要
   がある。日本側と協力する道を探りたい。
───────────────────────────────────
4.「タンカー座礁事故」説に対して・・・
───────────────────────────────────
  ●数千トンの流出事故ならば、油が見つからないはずはない。

  ●サハリンか、北海道、北方領土、オホーツク海上のどこかで、廃油や、
   化学物質の不法投棄があったのではないか。
───────────────────────────────────


【油汚染鳥〜"日本側"の言い分】

 上記、"ロシア側"の言い分に対して、死骸の回収や調査を踏まえて、現状で
は、"日本側"の言い分は、どうなっているのか?
───────────────────────────────────
  ■北海道に漂着する流氷は、サハリン沖で生まれて、40日前後で、知床
   半島付近に、到達する。重油は、流氷と共に、流れ着いた可能性アリ。

  ■鳥に付いた油は、サハリンの油田から漏れた可能性アリ。

  ■パイプラインの事故の件に関しては、約十立方メートルが海に流れたと
   のこと。それぐらいの量で、数百羽の野鳥が死に、北海道まで流れ着く
   可能性は低い。

  ■海鳥の油と、サハリンの石油との比較分析を、急ぐべき。

  ■洋上を航行する船舶から、油が流出した可能性も、否定出来ない。

  ■海鳥の死因が分かっても、油がどこから来たか、明らかにならないと、
   同じことが、また、起こる可能性アリ。

  ■インターネットなどで、様々な憶測が飛び交い、観光や、漁業などに、
   悪影響の及ぶことが、怖い(風評被害に対する懸念)。

  ■仮に、サハリンの油だと分かっていても、現時点では、経済的なダメー
   ジが見えないので、損害賠償は請求出来ず、再発防止を要請するくらい
   しか手がない。何年も掛けて、追求するのは、現実的ではない。

  ■宗谷管内から、網走管内に掛けての広い範囲で、油汚染鳥の死骸が見つ
   かったことから、油は、海流に乗って、北から南下して来たと推測出来
   る。斜里周辺以外でも、死骸が漂着している可能性があるため、それ以
   外の地域でも、調査の必要アリ。

  ■今回、死骸が見つかった鳥は、一部、氷の中から、発見されており、オ
   ホーツク海の北部で死亡した鳥が、氷の中に閉ざされ、斜里沿岸に漂着
   し、最近の暖気で、溶けて発見された可能性アリ。

  ■エトロフウミスズメなど沖合に生息する鳥が、大半で、洋上で、油に汚
   染されたと考えられる。オオワシの羽は、同じ場所で見つかっているの
   で、同一個体の可能性が高い。
───────────────────────────────────

 日本側でも、"根深い問題"がある。

 それは・・・

 横の連携がない「行政の対応」。つまり、"縦割り行政"の弊害だ。

 "防災計画"によると、北海道は、「油の大量流出」だと、当然、中心となっ
 て、対策に当たる。しかし、今回は、大量の油が見つかっていない。だから、
 北海道は、こんな大問題にも関わらず、今のところ、「環境保全の観点で調
 査」というように、"傍観者"になってしまっている。

 海上や、海岸に、大量の油が見つかれば、海上保安庁も担当になるが、既出
 のように、第一管区海上保安本部(小樽)の航空機による調査では、海上の油
 は、見つかっていないため、これも"傍観者"のままである。

 現場になっている斜里町の環境保護担当者も、わずかに、5人。死骸の発見
 以降、総出で走り回り、事態の把握で、精一杯。

 日本は、いつでもそうだが、このような"想定外の問題"に対処する仕組みな
 り、方法なりが、全く確立されていない。これくらいのことが、シミュレー
 ション出来ないのならば、決して、行政の役割を果たしているとは言えない。

 実際・・・

 行政は、散乱している死骸を、片付けようともしていない(やっているのは、
 民間団体や地元のボランティア)。キツネやワシが、これらの死骸を漁り、
 油も一緒に食べている。この間にも、油汚染は、野生生物に、どんどん拡が
 り、生態系を壊しつつある。

 このままでは・・・

 折角、「世界自然遺産」にも選ばれたほどの貴重な財産を、失ってしまう。


【油汚染鳥〜"分析・調査"の進捗状況】

『"死因"の分析・調査作業』

 北海道は、ウミスズメ科の海鳥の死骸9羽を、酪農学園大(江別)に送り、
 「死因の特定」を依頼。

 この内・・・
───────────────────────────────────
 5羽 = 全身に、油がべっとり着いていた。脂肪の付き具合は、良好。
      外見上は、健康。

      病理解剖では、体内から、油と特定出来る成分は、検出されず。
      ウィルスなどに、感染した形跡もナシ。

 4羽 = 損傷が激しく、死因は分からず。
───────────────────────────────────
 ウミスズメ科の海鳥は、夏の繁殖期を除き、海上で、生活する。そのため、
 今回の場合、「油が漂流する地点で羽を休めた」と見られている。

 その結果・・・

 羽に、油が付着し、防水効果を失うと共に、体温を調節する羽と体の間の空
 気の層がつぶれて、体温が一気に低下、死に繋がったと考えられている。
───────────────────────────────────
      鳥の体温は、哺乳類より、急激な体温変化に弱い
                ↓
       冬のオホーツク海の低水温下では、即死状態
                ↓
     集団生活をするため、大量死に結び付いた可能性が高い
───────────────────────────────────

『"油"の分析・調査作業』

 油の方は、道環境化学研究センター(札幌)で、分析作業を行っている。しか
 し、油は、揮発や、海水との化学反応などで変質しているため、「成分分析」
 に、予想以上に、時間が掛かっている。

 「油の種類」が分かれば、次は、「流出源の特定」となるはずだが、そうは
 簡単に行かないらしい。

 何故なら・・・

 例え、"成分"が分かっても、
───────────────────────────────────
       国内の精油所から、膨大なサンプルを集めて、
           製造元や、流通経路を調べる
                ↓
          国内で、流出した可能性を探る
                ↓
         この作業だけで、1〜2年も掛かる
                ↓
   その上、サハリンから、サンプルを取り寄せるのは、不可能に近い
                ↓
    国際問題に発展する可能性もあり、北海道だけでの対応は無理
───────────────────────────────────


「間違った情報による風評被害は、避けなければならないが、

 正しい情報により、この問題の深刻さを、もっと貴方にも知ってもらいたい」
 

     **見過ごせない・・・ http://tinyurl.com/g39za


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.